ミセス・ロビンスン

メキシコ国籍の男性。左目に飼っている昆虫を自由に操る。針を飛ばすサボテン「チョヤッ」の習性を利用して、ジャイロとジョニィを襲った。襲撃の目的は、(ジョニィの推測によれば)ジャイロの首にかけられた懸賞金。

愛馬はエル・コンドル・パサ。1st.Stageは18着と、まずまずの成績だった。


卒業-オリジナル・サウンドトラック元ネタはアメリカのフォークロック・デュオ、サイモンとガーファンクルの曲「Mrs.Robinson」。「Mrs.Robinson」は、ダスティン・ホフマン主演の映画「卒業」(1967年)に提供された曲である(同映画にはロビンソン夫人が登場する)。

「卒業」は、随分前に観た映画なのでうろ覚えだが……ダスティン・ホフマンが、やたらエロエロのロビンソン夫人に誘惑されて、ヤっちまったんだけれども、"やっぱエロビンソン夫人の娘のほうがいいわ"っていうことになって、結婚式に乱入し花嫁を掻っ攫ったよーっていう話だったと思ふ。



Mrs. Robinson(YouTube)

タグ:曲名 YouTube

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。