エル・コンドル・パサ

ミセス・ロビンスンの愛馬。馬品種はアパルーサ、年齢7歳。体に巻きつけられた"TRUE LOVE"のリボン(?)は、騎手のミセス・ロビンスンとお揃い。


サイモン&ガーファンクルのすべて元ネタは南米アンデス地方の民族音楽フォルクローレの代表曲、「El Condor Pasa(コンドルは飛んでいく)」。
もともとは、1916年にダニエル・アロミア=ロブレス(作曲家、民俗音楽研究家)というペルー人が書いたオペレッタの序曲だったらしい(モチーフには伝承曲のメロディを使った)。
一般的にはサイモン&ガーファンクルがカヴァーしたことで、世界的に知られるようになった曲。日本人にも受け入れやすい哀愁を帯びたメロディのせいか、(今はどうだか知らないが)学校教育の現場でも頻繁に取り上げられた。



El Condor Pasa(YouTube)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。