サーレー

パッショーネの構成員。ポルポの隠し財産を狙い、カプリ島でミスタと戦った。脳みそに弾丸が食い込んでも生き続けるタフガイ。スタンドはクラフトワーク

元ネタはイタリア語のsale。イタリア語で塩の意。
塩は、塩化ナトリウムを主な成分とする物質。
サラリー(salary)の語源として有名な話だが、古代ローマにおいては、兵士の給料を塩(sal)で支払っていた。
塩は人間が生きていくうえで欠かせない。そのため昔から権力者の専売品として扱われることも多く、経済的にも重要な意味を持っていた。

北方謙三著の「水滸伝」は、梁山泊の英雄たちが、腐敗した国家に立ち向かっていくというストーリー。
この小説の中で、塩は政府の専売品、権力の象徴として描かれている。反政府ゲリラである梁山泊は、その塩を闇ルートで流通させ、反政府運動の資金源にしていく。


水滸伝〈1〉曙光の章
水滸伝〈1〉曙光の章北方 謙三

おすすめ平均
starsスケール雄大な大河小説です
stars悪漢小説に現代人の“義”を見いだす、北方版水滸伝。
stars男のバイブル
stars北方ワールド

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



北方謙三「水滸伝」オフィシャルサイト


タグ:食べ物

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。