行ってー くるぞと 勇ましく〜

露伴とチンチロリンをした際に、仗助がイカサマを誤魔化すために歌った歌。正しい歌詞は「勝ってくるぞと」だと、露伴につっこまれた。

元ネタは軍歌としても有名な「露営の歌」の歌詞、歌いだし部分。
「露営の歌」は、昭和12年(1937年)に現在の毎日新聞(当時は東京日日新聞と大阪毎日新聞)が公募した「進軍の歌」の歌詞に佳作として入選した薮内喜一郎の作品を、北原白秋や菊池寛らが「露営の歌」と改題し、古関裕而が曲をつけたもの。(古関裕而は"六甲おろし"やジャイアンツの応援歌、ザ・ピーナッツが歌った「モスラの歌」などで知られる作曲家。)
発売から僅か半年で60万枚のレコードを売り上げ、大ヒット曲となった。


日本の軍歌(二)露営の歌
日本の軍歌(二)露営の歌オムニバス 三鷹淳 霧島昇

おすすめ平均
starsオリジナル歌手を多く起用した、再録音源群
stars初心者向け優良軍歌CD(二)
stars傑作ですよ!
stars軍歌CDの最高傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タグ:小ネタ 歌詞

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。