クラッシュ

スクアーロのスタンド能力。魚の形をした遠隔操作型スタンド。水から水へと瞬間移動することができるが、パワーは弱いので「獲物」の急所に喰らい付いて攻撃する。

元ネタはイギリスのパンク・バンド、クラッシュ
クラッシュは1976年にジョー・ストラマー(vo,g)、ミック・ジョーンズ(g)、ポール・シムノン(b)、テリー・チャイムス(dr)、キース・レヴィン(g)という構成で結成された。しかし、一度もレコーディングすることもないままキースが脱退し、程なくテリーもバンドを去る。(後にテリー・チャイムズは不慮の事故で亡くなったラズルの後釜としてハノイ・ロックスに加入した。)

1977年にアルバム「The Clash」でデビュー、一躍セックス・ピストルズと比肩する存在となった。ドラムにはトッパー・ヒードンを正式なメンバーとして迎え、2ndアルバム「Give 'Em Enough Rope」(1978)、3rdアルバム「London Calling」(1979)をリリース。イギリスだけでなく、アメリカでも評価を高めていった。その後も3枚組の大作「Sandinista!」(1980)や「Combat Rock」(1982)などの意欲作を発表したが、次第にメンバー交代を繰り返すようになり、1986年に解散した。

レゲエやロカビリーなどの要素を取り入れたりと、パンクなのに音楽的にも面白い。レゲエとパンクの接近を語るうえでも重要なバンド。

1979年の2枚組アルバム「London Calling」。2枚組といえばプログレのイメージがあった当時、パンク・バンドが2枚組アルバムをリリースするだけでも異例なことだったそうな。

London Calling
London Calling
posted with amazlet on 06.11.25
The Clash
Sony Mid-Price (2000/01/25)
売り上げランキング: 11040
おすすめ度の平均: 5.0
4 ロンドンでクラッシュを聴く
5 長く気長に聴いてください
5 ロックの最高峰



※クラッシュの全UKシングルを再現復刻した19枚組ボックス・セット。詳しくは→bounce.com


London Calling(YouTube)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。