ハイウェイ・トゥ・ヘル

サンダー・マックイイーンのスタンド能力。マックイイーンが道連れにしたいと思った相手を、マックイイーンの自殺と同じ死に方で自殺させる。

Highway to Hell元ネタはハードロックバンドAC/DCの曲名及びアルバムタイトル「Highway to Hell」。
アルバム「Highway to Hell」は1979年に発売され、AC/DCが全米でブレイクするきっかけとなった作品。全世界で700万枚以上の売り上げを誇る。1980年に亡くなった初期AC/DCのヴォーカリスト、ボン・スコットの遺作となったアルバムでもある。「Highway to Hell」は同アルバムのオープニング・ナンバー。


YouTube
Highway To Hell
Girls got Rhythm
Walk All Over You
Touch Too Much
Shot Down In Flames



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。