呪いのデーボ

アメリカインディアンの呪術師という触れ込みで商売する殺し屋。全身が傷だらけで、わざと相手の攻撃を受け、恨みのパワーで強くなるスタンド「エボニーデビル」を操る。ホテルの冷蔵庫の中に隠れていた。

元ネタはアメリカのバンド、DEVO。1978年にブライアン・イーノがプロデュースしたアルバム「Q: Are We Not Men? A: We Are Devo!」でデビューした、ニューウェーヴの草分け的存在。

1980年にリリースした「Freedom of Choice」はDEVOの3rdアルバムで、大ヒット曲「Whip It」を収録。

iTunesで"Whip It"を聴くッ!!


Freedom of Choice
Freedom of Choice
posted with amazlet on 06.10.02
Devo
Warner Bros. (1990/10/25)
売り上げランキング: 31,074


私はテイ・トウワが好きなのですが、以前テイ・トウワがお勧めのCDを紹介するサイトがありまして、そこでこのアルバムを購入しました。
今聴くとチープなサウンドが逆にチャチかっこいいデス。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。