鋼鉄(ワイアード)のべック

語尾に「ズラ」を付けて話す、体中針だらけの吸血鬼ズラ。もともとは恋人を絞め殺した脱獄囚で、逃亡中にカーズと出会い吸血鬼になったズラ。ジョセフのアメリカン・クラッカーの紐を切るという手柄を立てたが、リサリサによって、本人も気付かぬうちに瞬殺されたうえ、ジョセフに口調をマネられバカにされたズラ。

「WOOFHO FHOOO!!」


Wired元ネタはブリティッシュ・ロック界3大ギタリストの一人、ジェフ・ベック、及び彼のアルバムタイトル「ワイアード」。
ジェフ・ベックは、ウルフカットでお馴染みの孤高のギタリスト。趣味は車いじり。
Wired(ワイアード)」 は1976年にリリースされたアルバム。前作「Blow by Blow」で確立したインストゥルメンタル・ジャズ・ロック路線を更に推し進めたジェフ・ベックの傑作アルバム。ヤン・ハマー、ナラダ・マイケル・ウォルデンら強力なメンバーが参加している。


moraで"ワイアード"をダウンロードするズラァーッ!!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。