DIO

100年の時を超え復活した悪の帝王。ジョナサン・ジョースターの肉体を奪い、最強のスタンド「ザ・ワールド」を身に付け蘇った。「ザ・ワールド」は数秒間だけ時を止める能力。階段を登ったポルナレフを数段下に移動させたり、車から降りたウィルソン・フィリップス上院議員を再び車に乗せることができる。


THE BEST 1000 ディオ元ネタはヘヴィメタルバンドのDIO。DIOはレインボーやブラック・サバスなどでヴォーカルを務めたロニー・ジェイムス・ディオが結成したバンド。

ロニー・ジェイムス・ディオはエルフというバンドを結成し、1972年にアルバム「ELF」でデビュー。エルフは3枚のアルバムを残し、1975年に解散するが、ロニー・ジェイムス・ディオを含むほとんどのメンバーがリッチー・ブラックモアとレインボーを結成した。レインボーでの活躍で、ロニー・ジェイムス・ディオはハード・ロック・シンガーとしての地位を確立していったが、1978年のアルバム「LONG LIVE ROCK'N'ROLL」を最後にレインボーを脱退し、オジー・オズボーンの後任としてブラック・サバスに加入。アルバム「Heaven and Hell」が高い評価を受けたが、1982年に脱退し、自らのバンドDIOを結成する。1983年のファーストアルバム「情念の炎〜ホーリィ・ダイヴァー」発表以降、DIOは商業的にも成功し、順調に活動を続けていたが、ロニー・ジェイムス・ディオが1990年に突如ブラック・サバスへ復帰。DIOは解散する。ブラック・サバスではアルバム1枚をリリースし脱退。1993年にDIOを再結成した。ダァーッ!ややこしィィィィィーッ!


iTunesでDIOのセカンドアルバム"The Last in Line"をダウンロード

YouTube
We Rock
The Last in Line
I Speed at Night
One Night in the City
Mystery



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。