ジャン・ギャバン

ジョセフ・ジョースターが好きな俳優。

大いなる幻影ジャン・ギャバンはフランスの映画俳優。1904年生まれ。
デビュー当初は泣かず飛ばずだったが、1935年の映画「地の果てを行く」で好演し、1937年の映画「望郷」、「大いなる幻影」などで演技派俳優としての地位を確立していった。1960年代以降は脇役に廻ったが、「地下室のメロディ」(1963年)や「暗黒街のふたり」(1973年)など、確かな演技力で存在感を発揮した。フランス映画界を代表する名優の一人。



タグ:小ネタ 映画

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。