サンタナ

一番下っ端の「柱の男」。名付け親はシュトロハイムで、名前の意味は「メキシコに吹く熱風!」。カーズたちとは異なり流法を用いないが、「リブス・ブレード(別名:露骨な肋骨)」という愉快な技を使う。
波紋修行前のジョセフにあっさり倒された後は、SPW財団によって大事に保管されている。


天の守護神(紙ジャケット仕様)元ネタはメキシコ出身のギタリストカルロス・サンタナ及び、彼のバンドサンタナ。カルロス・サンタナは1947年生まれ。1969年に自身のバンド、サンタナでデビューを飾る。サンタナは、ラテン・ロックの斬新なサウンドとカルロス・サンタナの哀愁漂うギター・プレイを呼び物に、一躍人気バンドの仲間入りを果たした。2ndアルバム「天の守護神」と3rdアルバム「サンタナIII」は相次いで全米No.1を獲得。1999年のアルバム「Supernatural」では、なんとグラミー賞9冠を達成!「スーパーナチュラル」からシングルカットされた「Smooth」は、GORO(野口五郎)に「愛がメラメラ〜SMOOTH〜」としてカバーされるという偉業を成し遂げた。


iTunesで"Black Magic Woman/Gypsy Queen"をダウンロード

YouTube
Black Magic Woman
Soul Sacrafice


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。