エア・サプレーナ島

ヴェネチアから北東に船で30分のところにある島。島全体がリサリサの館になっており、波紋の修行施設などがある。
一番の目玉アトラクションは「地獄昇柱(ヘルクライム・ピラー)」。A.D.39年に建設された高さ24m、最大円周7m20のつるっつるっに磨きあげられた大理石の円柱。その頂上からは、ヌルヌルの油がとめどなく流れ落ちている。流れ落ちた油は、張力を利用して再度頂上に昇っていき循環を繰り返す。
波紋法うんぬんより、「永久機関」を発明し実用化していることのほうが凄い。


ベスト・オブ・エア・サプライ元ネタはオーストラリアのバンド、エア・サプライ
エア・サプライは、イギリス人のグラハム・ラッセル(g,vo)とオーストラリア人のラッセル・ヒッチコック(vo)中心としたバンド。1976年のアルバム「Air Supply」でデビューを飾り、一躍人気グループとなったが、その人気は当初オーストラリア限定のものだった。その後、オーストラリアでツアー中だったロッド・スチュアートの目に留まり、彼のアメリカツアーのオープニング・アクトに抜擢されたことで、全米デビューのきっかけを掴む。
1980年のアルバム「ロスト・イン・ラヴ」が英米で発売され、タイトル曲「Lost In Love」が大ヒット。その後も、ペパーミント・サウンドと評される爽やかな曲調を武器にヒット曲を連発し、世界的な人気グループの仲間入りを果たした。
1988年に一旦活動を停止。1991年にグラハム・ラッセルとラッセル・ヒッチコックのデュオとして再結成し、新たなスタートを切った。


iTunesで"Lost In Love"をダウンロード

YouTube
Lost In Love
All Out of Love
Every Woman in the World
Here I Am (Just When I Thought I Was Over You)
Sweet Dreams
Even The Nights Are Better
Young Love
Two Less Lonely People In The World
Making Love Out of Nothing At All
Just As I Am
The Power of Love
Lonely Is The Night
One More Chance
Without You
Goodbye



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。