メッシーナ

ロギンズと共に波紋法の師範代を務めた。なまず髭の持ち主であり、シーザーの最終試験の相手。ワムウに左腕を切断されたが、最後まで生き延びた。


シッティン・イン(紙ジャケット仕様)元ネタはアメリカのミュージシャン、ジム・メッシーナ
ジム・メッシーナは1947年生まれ。バッファロー・スプリングフィールド(スティーブン・スティルス、ニール・ヤングが在籍した)にベーシストとして加入。バッファロー・スプリングフィールド解散後にポコを結成し、ウエストコースト・ロックの代表格として活躍した。ポコの3rdアルバム発表後にメッシーナはグループを脱退。 ケニー・ロギンズとコンビを組み、ロギンズ&メッシーナとして、1972年のアルバム「シッティン・イン」でデビューを飾った。


iTunesで"シッティン・イン"をダウンロード



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。