タルカス

「77の輝輪」の試練を乗り越えた伝説の騎士。ディオに忠誠を誓い、三百年の時を超えてゾンビとして甦った。ジョナサンとは双首竜の間で対決した。チェーン首輪デスマッチはタルカスの得意競技で、タルカスがまだ人間だった頃に48人を葬り去った。


タルカス(K2HD紙ジャケット仕様)元ネタはイギリスのプログレ・バンド、エマーソン・レイク&パーマーのアルバムタイトル及び組曲のタイトル「タルカス」。EL&Pは1970年にキース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人によって結成された。1970年にファーストアルバム「エマーソン、レイク&パーマー」を発表。そのわずか半年後に発表されたセカンドアルバムが「タルカス」だった。「タルカス」は全英チャートで1位を獲得し、EL&Pの音楽的評価を決定付けると共に、プログレを代表する名盤となった。表題曲「タルカス」は、20分を超える壮大な組曲。
ジャケットに描かれているのは、世界を破壊する架空の生物「タルカス」。キャタピラを履いたアルマジロみたいなルックスをしている。


iTunesで"TARKUS"をダウンロード

Tarkus (Eruption)(YouTube)



シ、シブイ。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。