チャカ

刀に取り付いたスタンド「アヌビス神」に操られ、父親を斬殺したエジプトの青年。ポルナレフに勝負を挑むが、チャリオッツの剣針飛ばしで敗れた。


ティアリン・イット・アップ〜ダンス・クラシック・オブ・チャカ・カーン元ネタはアメリカのR&Bシンガー、チャカ・カーン。1953年、イリノイ州生まれ。1972年からファンクバンド、ルーファスに参加していたが、ソロとしてはアルバム「Chaka」(1978年)でデビュー。シングルカットされた「I'm Every Woman」はR&Bチャートで1位を獲得した。ソロデビュー後もルーファスでの活動を並行して続けていたが、1982年のルーファス解散後は本格的にソロ活動に専念することとなった。
1983年には、後にチャカ・カーンの代表曲となるシングル「Ain't Nobody」をリリース。その他にも、プリンスのカヴァー曲「I feel for you」(1984年)、1989年には「I'll Be Good To You」(クインシー・ジョーンズの作品でレイ・チャールズとのデュエット曲)などのヒット曲を連発した。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。