スーパーフライ

「鉄塔」の中に人を閉じ込めるスタンド。いったん中に入ると替わりに誰かが中に入ってくるまで出られない。無理に出ようとすると、その人物は「鉄塔」の一部になってしまう。また、「鉄塔」を攻撃してもダメージは自分に返ってくる。本体の鋼田一豊大(偽名)の手に負えず、一人歩きしているスタンド。

Superfly (1972 Film)元ネタはアメリカのミュージシャン、カーティス・メイフィールドの曲「スーパーフライ」。
カーティス・メイフィールドは1942年シカゴ生まれ。1958年にコーラス・グループ、インプレッションズを結成し、「Gypsy Woman」、「People Get Ready」(後にロッド・スチュアートがカバー)、「I'm So Proud」(後に第2期ジェフベックグループがカバー)などの名曲を世に送り出した。
1970年にソロデビューアルバム「Curtis」を発表。メッセージ性の強い歌詞と洗練された音楽で、シカゴ・ソウルの代表格としてソロ・アーティストとしても成功した。
しかし、1990年に突然の悲劇がカーティスを襲った。コンサート会場で照明器具の落下事故に見舞われ、半身不随の身となってしまったのだ。それでもカーティスは不屈の精神で音楽を創り続け、1996年にアルバム「New World Order」を発表。残念ながら、結果的にこのアルバムがラストアルバムとなってしまったが、カーティス・メイフィールドが後世のミュージシャンたちに与えた影響は計り知れない。1999年12月26日永眠。

アルバム「Superfly」は、1972年に同名の映画「Superfly」のサントラ盤としてリリースされた。タイトル曲「Superfly」のほかに「Pusherman」、「Freddie's Dead」などの名曲が多数収録されている。


moraで「SuperFly」をダウンロード


このアルバムは私が今までにサントラの中では間違いなくNo.1です。カーティスの全アルバムの中でも1、2を争うくらい好きだッ。(もう一枚は「There's No Place Like America Today」)

カーティス・メイフィールドといえば、美しいファルセットヴォイスですが、ギタープレイもカッコイイィィィ。難しいことをするわけじゃないけど、変則チューニングのギターで弾く、的確なカッティングに味があるんです。

カーティス、あなたの遺してくれた素晴らしい音楽ッ!僕は敬意を表するッ!



YouTube
アルバム「SuperFly」収録曲。
Little Child Runnin' Wild
Pusherman
Freddie's Dead
Superfly

代表曲のひとつ
People Get Ready

死ぬほどカッコイイ
Move on Up

好きな曲なのにローリン・ヒルのカバー・ヴァージョンしか見つからなかった…
Makings of You

ピースな愛のバイブスでポジティブな…
We Gotta Have Peace



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。