ボー・デレク

DIOに奪われた血液を再輸血して蘇ったジョセフに、本当に「ジョセフとして」ちゃんと生き返ったのか確かめるために、承太郎がした"1981年の映画「類猿人ターザン」の主演女優は誰か?"という質問の答え。

類猿人ターザンボー・デレクは10代からモデルとして活躍していたが、1974年に30歳年上の映画監督ジョン・デレクと知り合い結婚。夫が監督する作品で主演女優を務め、最低の映画を決めるラジー賞で最低主演女優賞を3度も獲得した。

1981年の映画「類猿人ターザン」は主演ボー・デレク、監督ジョン・デレク作品。ボー・デレクの裸体のみが売り物のB級映画。この作品でボー・デレクは一度目の最低主演女優賞を獲得した。


タグ:女性 小ネタ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。