バックブリーカー

花京院典明に化けたラバーソールがスリにかけたプロレス技。

ミクロアクションシリーズ キン肉マン(MK―S03)ロビンマスク&ブロッケンJrバックブリーカーは相手を持ち上げ、主に背骨にダメージを与える絞め技、関節技。大きく分けてカナダ式とアルゼンチン式があるが、ラバーソールがかけたのは後者。技の発明者はアルゼンチン出身のレスラー、アントニオ・ロッカ。当初はロッカスペシャルと呼ばれていたが、ロッカの出身地にちなんでアルゼンチンバックブリーカーと呼ばれるようになった。
ゆでたまごの漫画「キン肉マン」に登場するロビンマスクの必殺技は、「タワー・ブリッジ」という名のアルゼンチン・バックブリーカー。


タグ:小ネタ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。