ボーンナム

ゾンビ。ストレイツォに血管針攻撃を仕掛けるが、他のゾンビと血管が絡まって殺される。

Led Zeppelin II元ネタはイギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンのドラマー、ジョン・ボーナム
1948年5月31日生まれで、愛称は「ボンゾ」。レッド・ツェッペリン加入時はまだ無名だったが、独特のグルーブ感溢れるパワフルなドラミングで、一躍その名を轟かせる。レッド・ツェッペリンのサウンドには欠かせない「心臓」の役割を果たした。そのプレイ同様に豪快なキャラクターで数々の武勇伝を残している。ホテルの窓からテレビを投げ捨て、部屋を破壊したため出入り禁止になったのはその一例。ジャンルを問わず、後の多くのミュージシャンに影響を与えたが、1980年に泥酔したまま眠り、吐瀉物を喉に詰まらせて窒息死した。

アルバム「Led Zeppelin II」は、レッド・ツェッペリンの1969年に発売されたセカンドアルバム。過密スケジュールの中であわただしくレコーディングされたが、結果的にはレッド・ツェッペリンを代表する歴史的名盤の一枚となった。CD版の8曲目に収録されている「Moby Dick」は、ジョン・ボーナムのパワフルなドラムソロがフィーチャーされている。


YouTube
Whole Lotta Love
What is and what should never be
Thank you
Heartbreaker
Moby Dick

The Lemon song(Jimmy Page & Black Crowes)
タグ:人名 ロック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。